So-net無料ブログ作成
メッセージを送る
食べるの大好き ブログトップ

【ラーメン】熱海・石川屋 [食べるの大好き]

SN3K0096.jpg

SN3K0097.jpg

オープンウォータースイムレースを見に行ったときの昼メシ。
ラーメン屋なのだけど、なぜかオムライスがあって、けっこう人気…らしい。
でもねえ、ここ3回目なんだけど、
どうにもこうにも、いくつか納得できないことがあって。

まず麺が細いんだけど、コシがあるならいいのだけれど、コシがなくてコクがないから、
スープに負けてる印象が強い。
(スープはコクのある透き通ったしょうゆベースでうまい)
だから食べているうちにばっちりのびてしまう。これ非常に残念。

それから、オーダーしてからブツが出てくるまでの時間が長い。
けっこう待たせる。
細めんなんだから、もっと早くてもいいと思うのだけどどうなんだろう。
対面式カウンターと小さなテーブル席が4卓あって、
満席だと20人くらいは入るのかな。
だとしても、ちと時間かかりすぎ。ラーメン屋としてはこれだけでも失格。

あと、価格が高い。
あまりにも高すぎる。
熱海の相場が高いのかもしれないけど、普通のラーメンが700円ってのはまあいいとして、
豚トロチャーシューラーメンとか頼むと、1200円くらいはしちゃう。
昼に食べるには高いと思う。
その値段に見合う満足があれば、文句もいわないけど、
値段に見合う内容じゃないんだもんなー。

うーん。たぶんもう行かないと思う。
ちょっとこれじゃあねー。
同じ熱海なら、わんたんや のほうがワタシの口には合うなあ。
店の雰囲気もいいしね。

ところでワタシ、すでに何日も食欲がなくて、1日2食がやっとなんだけど、
この日もラーメン食べきれず、
食いしん坊のアタシが、信じられないことに相方に半分食べてもらったよ!
つーか、具合悪いならラーメン食うなって説もあるけどwww
温かいものを胃にいれたほうがいいかな、って思ったからなんだけど。

どうやら夏の拒食モードに入ったらしいっす。
nice!(3)  コメント(11) 
共通テーマ:日記・雑感

ムルギーのカレーが食いたい [食べるの大好き]

かなり有名なお店なので、ご存知の方も多いと思うが、
渋谷の道玄坂にムルギーというビルマ料理(インドではない。念のため)のお店がある。
一般的にいえば、カレー屋さんなんだけどね、ビルマ料理なのよ。

ここは、大槻ケンヂのエッセイや歌で、全国的に有名になってしまったが、
とんでもなく不思議なお店として、ずっと君臨していた。
何が不思議かは、氏のエッセイにも書いてあるので
ここでは詳しくは割愛するが、
ゼンマイ仕掛けのような動きをするおジイサンのなのに、
有無をいわせぬ迫力のオーダー取りをするので、
ワタシはここでは「卵入りムルギー」しか食べたことない。
いや、他のもの、食べさせてもらったことがないってのが、正しい。

いくらなんでも、もうアタシも三十路だし、
おじいさん亡くなっているだろうな…と思ってググってみた。

はっきりとした情報は得られなかったが、(検索の仕方が悪いのか)
道玄坂のムルギーは、いま初老のおばあさんが切り盛りしているらしい。
おじいさんは…
おそらく、断片的な情報だが、亡くなったようだ。

つーのはね、
いま、無性にムルギーのカレーが食べたいのである。
ワタシがよく行っていた頃は、デジカメなんてなかったから、
卵入りムルギーの写真なんか、手元に残っていない。
でも、検索してみたら、なつかしいあの卵入りムルギーの姿を拝むことが出来た。
ごはんに特徴のあるムルギーのカレー。
あの、ごはんの山を崩しながら、食べるカレーが、もう一度食べたい。

去年まで仕事していたとき、
渋谷近辺に行くことは滅多になく、食べる機会を得ることがなくなっていた。
だから、行きたい行きたいと思いながら、
その想いを果たせずにいた。(大げさだが、これはホントの気持ちなのよ)

実は今週、所用で北青山に行くことになっている。
だから、お昼は、ムルギーへ行こうかともくろんでいる。

アレルギー、かなりひどいが、
ムルギーはひな鳥(ムルギーの意味はひな鳥という意味だそうだ)を使っているだろうし、
食べても大丈夫だと思うのだ。

食うぞ。
絶対に食ってやる。
アタシの心は、すでにムルギーモード全開なのだ。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

西原氏のマンガで見たウリだ! [食べるの大好き]

愛媛に住む、オットくんの叔母が、同窓会のためやってきた。
先行して荷物やおみやげを宅配便で送ってきたのだが、
衣類にしては少々重い。
なにかしら…と思っていた。

さて、叔母さんが到着して箱を開封すると、
中から出てきたのは…

なんじゃこら?
キンショーメロン???まくわうり?
「あのな、そうめんかぼちゃ言うんよ」 (おばさんはすっかり四国弁)

そうめんかぼちゃ…
もしかして、そうめんうりとも言いません?
と、たずねてみたら、
「そう呼ぶところもあるなあ」とのこと。

もしかして、もしかしてこれって…
ワタシのダイスキな漫画家・西原理恵子氏
「できるかな」のなかで描いておられた、そうめんうりじゃないのか??

これ、どんなふうに加工するかっていうのが、またおもしろい。
ダイナミックに輪切りにして、中央にある大きなタネ(しかも発芽してもやし状態)を取り、
ナベでぐらぐらゆでる。
全体に火が通った様子なら、水にさらし、
タネのあった真ん中あたりからシャカシャカともいでいく。
いや、ほどいていくという表現がしっくりきそうだ。

とにかく解体。
なんと、皮部分まで解体というか、ほどけてしまうのだから、
不思議極まりないウリだ。

でも、このままでは食べられないので、
ほどいた身を水でやさしく洗って、食べやすい長さに切って、
サラダや酢の物、炒め物にするのが王道だそうだ。

現在は主に岡山で栽培しているそうだが、
こんな野菜があったのかと驚くこと間違いない。
関西では割と目にするらしいが、こちらではお目にかかったことがなかった。

要は、形状がそうめんというか、まあ、細めの麺状態なので、
そうめんうりとか、そうめんかぼちゃというのだろう。

お味は…
ウリのほんのり苦味が残りながらも、シャキシャキとした歯ごたえもあり、
不思議な食感だった。
ワタシはわりとイケるが、オットくんは少し苦手そうな様子だった。
身の色は、薄い黄色というか、薄い黄金色というか…
彩りよくサラダにするとよさそうな感じがした。

関西の食文化は、やはりまだまだ違うものがあるってことで。


nice!(1)  コメント(4) 
共通テーマ:グルメ・料理

出がらしのお茶はイカン! [食べるの大好き]

週末は、お彼岸行脚にいそしんだ。
(これでも一応、結婚しちまったもんでね)

いろいろとお墓のハシゴをしたのだが、
去年、結婚する少し前に亡くなった、
オットくんの叔父さんが眠る真鶴へは、今回初めてつれていってもらった。

そこは真鶴の漁港を見下ろす、こじんまりとしたお寺だった。
噂によると、ドラマの撮影によく使われることが、
住職のご自慢らしい。

明るい光が差し込む、とても眺めのよいお墓は、
まさに墓参ラッシュ。

駐車場せまいんだからよお~と、ツッコミ入れたくなるほど、
ギリギリのところに墓参者がクルマを入れてくる。
今回ワタシがドライバーだったので、オットくんちのトラヴィックを傷つけるわけにはいかない。
こっちがオンナだからって、ナメんなよッ
心の中で何回叫んだことか。
仕方なくバックで一本道を戻ってさしあげたり、疲労困憊っす。
譲り合いしろよな、…ったく。

で。
お楽しみのおひるごはんは、真鶴のおいしいお魚。
…つってもさー、あたしゃ海の近い場所に住んでるから、アジもキンメも割りと頻繁に食べている。
別にキンメの煮つけやアジのたたきはめずらしいものでもなんでもない。
そこで食うのが、まご茶漬け。真鶴きたらコレっす。

アジのたたきが白いゴハンにのって、おしょうゆかかっているのだが、
これがウマいのよ。
むしろアタシは、お茶をかけずにまんまぐっちゃにかきまぜて食いたいのだ。
でも、たべているうちに、
お茶漬けのためのおしょうゆ分が、どんぶりの底にたまってしまって、
けっこう味が濃くなる。
しかたなく、ここで初めて付いてきた熱々のお茶をかける。

……。なんだこりゃ。
お茶が…でがらしなんだよ、オイ!!!

もうしわけないが、こういうのを画龍点睛を欠くというのだな。
お茶くらいは出がらし使うのやめてよねッッ
(注:食べ物に文句を言ってはいけません)

ところでこの店、
幾度となくテレビに出ているらしく、写真が店のなかに
ところせましとかざられている。
しかも、るるぶを代表するガイドブックにも、必ず載っているらしく、
記事や、雑誌の表紙も飾ってある。

うー。
ウマいことはウマいのよ。
都会からきたら、ウマいと思うだろうけどさ、
お茶漬けのお茶が、出がらしすぎ。
もーちっとなんとかしてよ、魚伝さん。

あ、あじの餃子はおすすめッス。


nice!(0)  コメント(4) 
共通テーマ:グルメ・料理

玄米なのにウマいぞ! [食べるの大好き]

日ごろから、エコロでも健康志向でもなんでもない、
むしろ不健康のカタマリのようなアタシだが、
今日のお昼は、まさに「カラダがヨロコぶ」ものを食べてきてしまった。

「ごはんや」というお店。
いつもお世話になっているリフレクソロジーのアロマポットが始めたお店だ。
場所はちょっと説明しづらいので、地図をリンクしておきます。
お昼は日替わりで、今日はこんな感じでした。

ゴハンは玄米。そう、玄米なんです。
独特のクセがあるから、私もあまり好きではなかったけれど、
クロゴマをかけて、ゆっくりゆっくり噛んで食べると、
甘くてとってもやさしいお味になるので、びっくり。
偏食なアタシでも食べられるじゃん!
しかも、少しの量でおなかイッパイになるので、
ダイエットに最適っすよ。

限定20食というところが、
誰でも行って食べられることを難しくしているかもしれないが、
これでプチデザート(写真右)とコーヒーまでついて、1500円(税抜)はお得だ。

だって、使っているお酢やミソや、お塩とか、
ハンパじゃなくウマいんだもん。
これは相当いいもの使ってるよ!!
と、一口食べて感じました。

静岡県東部の、沼津、裾野、三島近辺にお住まいの方は
一度行ってみて損はないかも。


nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

岩手に行ってきました(8)~噂のマルカンソフト [食べるの大好き]

花巻温泉に泊まるその日の夕方、
mixiでオトモダチのお友達であるM姉と会った。
彼女のおすすめは、花巻の街なかにあるマルカン百貨店のソフトクリーム。
いわゆる名物であると、ワタシは認識している。
だって、知名度は全国区よ。
テレビでやってたりするもんね。

それは、いわゆる「デパート」のレトロな食堂で食べられるものだという。
とにかく盛りがよろしい。
だから皆、テーブルにある割り箸を使って食べるという。
どんな感じかというと、

こんな感じである。
これで140円は安い。安すぎる。

ところでこの食堂、
ウェイトレスのおねえさんの服装もスバラシイ。
古きよきメイドさん姿なのである。
もちろん、オバハンでも、メイド姿。
この日は、枯れそうなヨレヨレのオバハンメイドは見かけなかったが、
それに近いノリのお方は、約1名いらっしゃった。

存在は知っていたけれど、どこにあるかわからない名物。
地元民の案内があるがゆえに、楽しませてもらっちゃいました。
感謝です、M姉。

お味は…とってもウマかったです。
(アレルギーなのに、食べました)


nice!(0)  コメント(4) 
共通テーマ:グルメ・料理
食べるの大好き ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。