So-net無料ブログ作成
検索選択
メッセージを送る
メンヘル ブログトップ

ようやく「患者」になれました [メンヘル]

今日、いやすでに昨日なんだけど、
ようやく私は診察で泣くことができました。
自分について話すことができました。

いつもなら、一緒に診察室に入るオットくんに、
入ってもらうのを控えてもらい、
とにかく今日こそは絶対に、医者をつかまえ、むきあおうと決めていました。

最後のほうは、涙でぐしゃぐしゃでした。
でも話せたことにかわりはなくて、
ようやく、自分自身で、
「この病院の患者になれた」と、感じることができました。

病院ですら、いい患者になっていたのだから、
日常が苦しいわけですよね。
治りたいから病院にいっているのに、治る以前のお話ですから。

…スタートラインに立てた気持ち。
そんな気持ちで、ああ、やっと言えたという安堵感でいっぱいでした。
そういう意味での安心の涙でした。

がんばったねと、頭をなでてくれるオットくんによりかかって、
家路につきました。
家に着くと、空には、まんまるのお月さまが見えました。、
つきものが落ちたような、そんな気持ちだったせいか、
まんまるのお月さまをみて、
「あーきれいだね」と思えました。

長くみていただいたドクターと離れ、私は、迷子になっていました。
ずいぶん長い時間、迷子になっていたものです。

でもようやく言えた。話せた。
今の主治医に対する気持ちも、言えました。
診て頂いているのに、申し訳ない気持ちもありましたが、
医者にまで気を遣っていることのほうがつらくなりすぎていました。

もういちど、ここからです。私はあきらめません。


nice!(0)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

間違えた(汗 [メンヘル]

みなさんは、メールの送信相手を間違えること、
一度や二度はありますよね。

ワタシ、えらいことをしてしまいました。

昨日(正しくはおとといか)、
かなり精神状態がヤヴァいときに、
ヘルプのメールを、本来送るべき相手に送らず、
関係ない相手に送ってしまったのだった…。

しかもその相手は、
ワタシが送ったメールについて、

ブログまで書いたと友人からききました…

正直に、間違えて送った相手にはカムアウトしましたが、
これって…まずいよな。
知らずに読んだ人たちにも申し訳ないしね。

まさしく、やってもうた、ってヤツなのね。
(冗談かましてる場合じゃないって)

テンパって、友人宅で相談したら、
「ブログに書くことは予想できないじゃん?」
と、NARUTOを読みながらテキトーに答えてくれました。(ありがとうよ)

あー、どーすべー。

 

…ま、違う男あてに送ったメールじゃないから、いっか(ええっ?!


nice!(1)  コメント(6) 
共通テーマ:blog

未明の過食 [メンヘル]

よく言われることだけど、
人間、生命の危機にも等しいストレス感じると、
過食するケースがあるそうな。
もしくは拒食もあるのだが、私はまず過食がくる。
(食いしん坊だからですな)

これらを総称して、「摂食障害」という。
どちらにしてもつらい。精神を蝕む何かがあるということなのだから。

で、ワタシの場合。
3時頃だったか、突然得体の知れない衝動に駆られる。

にくまん、食いたい。
それも、1個じゃなくて5個くらいは。

もー、こうなったら肉まん食べるまで、この気持ちは終わらない。
そんなワケで、クスリでフラつく(抗ヒスタミン剤を飲みすぎてフラフラだった)身体に
ムチをいれ、
クルマに乗って肉まんを買いにいくことにした。

ただならぬ気配に、さすがに危険と思ったのか、
オットくんがハンドルを握るといってきかないので、そのへんは妥協した。(妥協…ってオイ…)

自宅近所のコンビニ、まずは入ってみてこりゃダメだとすぐ判明。
いわゆる、「ただいま消毒中」状態なのである。
ついでにおでんナベも洗い中。
そーか、こういう時にコンビニはスナック類のケースを洗うのか。
ひとつかしこくなったワシだ。

でも、肉まんはくいたい。

めっさくいたい。

次いってみよう、次!と、今度は三嶋大社通りのセブンイレブンへ。
しかし、ここでも同じく消毒中。
ついでにおでんケースも同じくだ。

じゃあ、もう一軒いってみよ!と、そこから程遠くない
国道1号沿いのコンビニへ。
「ただいま消毒ちう」なのですよ、ええ。

CIAのいやがらせ…じゃないだろうな、オイ。
と、よからぬ陰謀説を心の中ででっちあげながらも、
ここらで妥協するかと、店内カゴを手にするオレ様。

一応菓子類は、余裕(つか、余裕で食うなよ)で入るので、
スナック菓子と水をまずはゲット。
しかしただいまダイエッターなワタシは摂取カロリーを気にしてるのか、
サントリーの黒ウーロン茶とはるさめヌードルなんぞをカゴに入れてしまった。

…すでにオレ、秘かに弱気だよママン。

過食するなら、思いっきり過食せにゃアカンよな。
ガツンと、カロリーの高いポテチとか
セブンイレブン限定山頭火のカップ麺とか、
脂が心に染み渡るものを買えばよいのに…!!!

朝からヘタレなワタシだよ。
すまなかった。(何に謝っているのか不明)

ところでどなたか、ご存知でしたら教えてください。
セブンイレブンの午前3~4時前後って、消毒タイムなんスか?


nice!(2)  コメント(8) 
共通テーマ:日記・雑感

待合1時間診察5分 [メンヘル]

いま、主治医をチェンジしようか否か、迷っている。

今年の春先までの主治医は、
最初から私を診てくれていたドクターで、
いまは鹿児島のけっこう有名な伊○病院というところにいる。

そのドクターとの最初の出会いのあった病院が、今のクリニックの本院だ。
だから、私のカルテからデータから、すべてある。
とにかくすべて、である。
しかも、とてもお世話になり、頼りにしていたナースが、
このクリニックのほうにいまいるので、
チェンジすべきか否かを迷うのだ。

しかし、今のドクターは…
話を聞く前から、すでに処方箋の話をして、
「じゃ、変えずにこのままでいいですね」で終わる。
まさに瞬殺(違
次の診察日も、機械的に決めてしまう。

以前のドクターとの違いに戸惑うばかりのワタシだ。

ホントはもっと話をきいてほしい。
それに、診察日も、私の自主性で決めてくれた以前のドクターとは
あまりにもちがいすぎる。
「こんな行事があるから、少し今回は早めに診察を」
と、調整しながら決めていたのに、だ。

どうすればよいのだろう。

あわなければ、チェンジ。
それが病院やドクターを選ぶセオリーと、よくわかっている。
わかっているのだが…。
あのナースに救われた過去の事故が、ワタシの判断を迷わせているのだろうか。

いずれにしろ、早めにクリニックの件を考えよう。
そうでないと…

……。


nice!(0)  コメント(4) 
共通テーマ:健康

ドクターとのわかれ【転記】 [メンヘル]

昨日は主治医のY先生から紹介状をもらってきた。
とうとうドクターとのお別れの日がきてしまったのだ。
足掛け5年近くの治療のなかで、
何度も絶望しかけた私を、前を向けるようにと手を差し伸べてくれたドクター。
人生の激流を見守ってくれたドクターとのお別れに、
ずいぶんと泣いたものだったが、
ドクターの次の行き先をきいて、瞬時に
「とうとうドクターの夢をかなえる時が来たのだ」
と分かったので、泣いてばかりいてはいけないと思った。

もっともっとつらい患者さんがいっぱいいるのだ。
ひとりでも多くの、苦しむ人たちのために、
ドクターは新たな場所へと向かうのだな、と。
…神田橋先生のところへ。

診察室をノックすると、ドクター自身が出てきた。
「あと5分、待ってくださいね」と
いつものようににっこりと笑って言って、
診察室へと招き入れてくれた。

すべての患者の紹介状を書いて、さぞ大変だろうに、
私の紹介状もきちんと丁寧に書いてくれている。
書き上げて、「読んでみてもらえますか?」と渡された。
少し癖のある、独特の字で、ぎっしりと書いてくれている。

内容は、こんなに書いてくれた…と頭を下げたくなるほど的確に私の状況を記してあり、
かつての私のカルテ(最初の病院に戻るつもりなので)を参照にしてもらうこともしっかり書いてあった。
(もちろん、もとの病院のカルテも、すべて主治医が書いたものだ)

ありがとうございますと紹介状をいったん返し、
ドクターが封筒に入れ、再度渡してくれたあと、
おもむろに私に手を差し出した。

最初、意味がわからなかった。
ドクターから握手を求められるとは思わなかったし、
そんなことはしないドクターだと思っていたからだ。

差し出された手を握ったら、ドクターはいつもの笑顔で握り返してくれた。

がんばって、でもなく
大丈夫だよ、でもなく
ただ、いつもの安心できる笑顔で、私を見てくれた。

お世話になりました、と
たったひとことしかいえなかった。
もう私の感謝の気持ちは、先日送った手紙にすべて書いたけれど、
何かせめて最後なんだから…と思いながら、
どうしてもコトバが出てこなかった。

だから、見せることができなかった笑顔を見せようと思った。
それできっとドクターは分かってくれると思ったから。

最後にもういちど、ぎゅっと手を握って、
頭をぺこりと下げ、診察室を出た。



会計を済ませ、車に乗り込んで、戻り始めるうちに
涙がどんどん出てきて、運転ができなくなってしまった。
ありがとうでは伝えきれないくらい、感謝している。
このドクターに出会わなければ、私はここまで回復することはかなわなかっただろう。
普通の生活をして、普通に仕事をすることも、
両親が理解を示してくれることも、きっとかなわなかっただろう。



ありがとうY先生。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
メンヘル ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。